ワキガの臭いを軽減する入浴法

 

ワキガのニオイに効果的な入浴法

ワキガのニオイを抑えるためには、お風呂に入って体を清潔にすることが基本です。

 

もちろん、入浴でワキガが治ることはありませんが、入浴の仕方にちょっと気を配るだけで、ワキガ臭をかなり抑えることができます。

ワキガの人の入浴法

湯船につかること
忙しい、時間がないなど、ついシャワーで身体を洗って流すだけで済ませていませんか。

 

実は、シャワーだけではワキガ対策にはなりません。

 

ワキガ臭を抑えるためには、汗腺の奥に溜まった皮脂や汚れを取り除く必要があります。

 

でも、シャワーだけでは身体の表面の汚れは落ちても、汗腺に詰まった皮脂や汚れは落ちません。

 

汗腺を開くためには、湯船につかること

 

40℃くらいのお湯にゆっくりとつかって汗をかくことによって、汗腺がひらき、皮脂や汚れ、老廃棄物が排出されます。

 

半身浴を取り入れても効果的です。ゆっくりと湯船につかって、汗腺を開き、皮脂や汚れを浮かせた後に、身体を洗うとより効果的です。

 

ゴシゴシ洗うのはNG!
臭いが気になる部分は、ついナイロンタオルなどでゴシゴシと念入りに洗いたくなりますが、洗いすぎはかえってワキガのニオイを悪化させる原因になります。

 

ゴシゴシ洗いは、肌に必要な皮脂まで取ってしまい、肌の乾燥を招いてしまいます。

 

肌は乾燥すると、修復のために過剰に皮脂を分泌するようになりますが、これがワキガのニオイをひどくしてしまいます。

 

これと同じ理由で、洗浄力の強すぎる石けんやボディソープも、皮脂や善玉菌を取り除いてしまうので避けた方がいいでしょう。

 

ワキガ臭を抑えるには、弱酸性で消臭成分が配合されているワキガ対策用の石けんやボディソープがオススメです。

 

すすぎはしっかりと
石けんカスが残っていると、それをエサに雑菌の繁殖を招いてしまいます。
わきの下やニオイが気になる部分は特にしっかりとすすぎましょう。

 

お風呂から出たらやりたいこと
まず、清潔なタオルで身体を拭きます。できれば、その都度洗濯済みのタオルを使いましょう。

 

使いまわしのタオルには雑菌が繁殖している可能性が高く、せっかく清潔にした身体に雑菌を近づけてしまうことになります。

 

キレイに身体を拭いたら、わきがクリームを塗ります。清潔な肌に塗ることによって、わきがクリームはより効果を発揮しやすくなります。

 

ワキガ対策の入浴法のまとめ

  • 湯船にしっかりとつかる
  • 優しく洗う
  • すすぎはしっかり

この3つを実行することによって、ワキガ臭の原因となる雑菌を落とし、繁殖を防ぐことができます。

 

そして、徹底的なワキガ対策をしたい場合には、消臭効果のある石けんやボディソープ、そしてケアの仕上げにわきがクリームを使うことをオススメします。

 

>>ワキガ対策にノアンデ