ワキガを改善する食事

 

ワキガの改善に食事は効果あるの?

ワキガに効くと言われている食事や食べ物をピックアップしてみました。ただし、食事療法だけでワキガのニオイを完全に治すことはできません。

 

なぜならワキガは体質だからです。生まれつきアクポリン腺を多く持っている人がワキガになります。

 

それなら何を食べても一緒なの?というわけではありません。

 

そもそもワキガの原因は、アクポリン腺から出る汗と言われていますが、実はこの汗自体は無臭なのです。汗が、皮脂腺から分泌された脂分と混ざり、皮膚表面の雑菌に分解されることによって、独特のワキガ臭となります。

 

そして皮脂腺からでる分泌物は、食べ物によってある程度調整することができます。例えば、脂質を多く含む肉類を食べすぎるとニオイがきつくなり、野菜やアルカリ性食品を多くとるとニオイを軽減することができます。食事でワキガを完全になくすことはできなくても、ニオイを軽減する効果は期待できます。

ワキガの改善に効く食事

梅干し

 

梅干しは、ワキガの改善に効くといわれている食材の代表格です。ワキガのニオイが悪化する原因の1つに活性酸素があります。活性酸素には、ウイルスや病原菌を退治する大事な役割がありますが、増えすぎると老化や生活習慣病など様々なトラブルの原因にもなります。

 

例えば、加齢臭の原因となる「ノネナール」は、活性酸素によって分解されてできる物質です。ほかにも、活性酸素が増加するとほかのニオイ物質が作られ、ワキガ臭が悪化する原因になります。ワキガのニオイを抑えるためには、体を酸化させないこと、すなわちアルカリに保つことがポイントになります。アルカリ性食品である梅干には抗酸化作用があるので、ワキガのニオイを軽減する効果が期待できるのです。

 

緑茶

 

カテキン、ビタミンC,ビタミンEといった抗酸化物質を豊富に含む緑茶には、抗酸化作用と抗菌作用があり、ワキガのニオイを中和する働きがります。

 

海藻類

 

アルカリ性食品であるわかめやめかぶ、もずくなどの海藻類には、活性酸素を抑え、身体の酸化を防ぐ働きがあります。特に海藻のぬめり成分に含まれるフコダインやアルギン酸には、体内に溜まった」悪臭の原因を体外に排出する作用があります。

 

オススメは食材はいろいろ

 

抗酸化作用のあるビタミンCやEを多く含む緑黄色野菜、かんきつ類、ジャガイモやサツマイモ、ピーナッツやアーモンド、シジミなどもワキガのニオイを抑える効果が期待できます。

 

ただし、食事はバランスが大切です。ここで紹介した食材ばかりを偏って食べていればいいわけではありません。ワキガのニオイを悪化させる食事は避けて、和食を中心とした栄養バランスの良い食事を心がけるようにしましょう。

ワキガの人が避けたい食材

ワキガのニオイを軽減する食材がある半面、逆にワキガ臭をひどくする食材もあります。

 

動物性油脂を多く含む食材

 

動物性油脂はアクポリン腺や皮脂腺の働きを活発化させ、わきが臭をきつくする原因となります。動物性油脂を多く含む食材には肉類、ほかにはバターやラードが挙げられます。

 

 

バターを多く含むのはケーキやパン、ラードを大量に使用するのは中華料理、スナック菓子には動物性油脂が多く含まれます。

 

リノール酸を多く含む植物性の油

 

動物性油脂が良くないなら、植物性の油ならいいの?となりますが、実は、リノール酸を多く含む油はワキガのニオイををきつくする原因となります。

 

リノール酸には血中コレステロールを減らす働きがあり、基本的には身体には良い油ですが、酸化しやすい性質のために、過酸化脂質を作り出し、ワキガのニオイの原因となる恐れがあります。リノール酸は、ごま油、ヒマワリ油、なたね油、紅花油、マーガリン、マヨネーズ、スナック菓子などに多く含まれます。では、なんの油がいいのかというと、抗酸化作用が強いオリーブオイルがオススメです。

 

油は動物性、植物性に関わらず、取り過ぎないことが大切です。洋食中心の脂っこいものはできるだけ控え、和食中心で野菜の多い食事をとるように心がけましょう。

 

アルコール

 

「酒くさい」という言葉通り、深酒をした人に近づくと、酒臭さがぷんぷんなんてことがあります。そのくらい、お酒自体がニオイの元になります。

 

アルコール自体に発汗作用があり、ワキガのニオイをきつくする原因となります。アルコールは体内で代謝されると、アセトアルデヒドという臭いの原因となる物質に変わり、さらに分解されて酢酸になります。大部分は尿として体外に排出されますが、一部は汗や息に混ざって排出されるために、これが悪臭の原因になります。

 

にんにく

 

にんにくで悪臭の原因になるのがアリルメチルスルフィドという成分です。食べた後に、体内で分解されたり別の物質に変わることがなく、そのまま血液や尿に入り込むために、にんにくのニオイは長時間続きます。しかも、血液に取り込まれたあと、汗として排出されることがあるために、ワキガのニオイをきつくする原因となります。

 

たばこ

 

食べ物ではありませんが、たばこについても触れておきます。ヘビースモーカーの男性には体臭のきつい人が多いですよね。まさにその通りで、たばこには体臭をきつくする作用があります。服に染み付いたたばこの臭いとワキガのニオイと混ざって悪臭になる場合。そしてもう1つがたばこに含まれるニコチンが原因となる場合。ニコチンには発汗作用があり、汗が増えることによって、細菌が増殖して、ワキガのニオイをきつくします。

 

ワキガの改善にはビタミンCの摂取が効果的ですが、たばこは1日に必要なビタミンCを破壊してしまいます。せっかく意識的にビタミンCを摂るようにしても、たった1本のたばこで台無しになってしまうので注意しましょう。

 

結論として食事でワキガは改善できるの?

確かに、食事にはワキガのニオイを軽減する効果はあります。でも、即効性は期待できないと思ったほうがいいでしょう。食生活の改善は、いわば体質改善のようなものなので、ワキガを大きく改善するには何年もかかる可能性があります。

 

今すぐ何とかしたい!即効性を求めるならば、ワキガ専用の消臭効果の高いクリームを使うことも大切だと思います。食生活の改善と並行して、ワキガ専用のクリームでケアをしていけば、さらに効果が期待できるはずです。

 

ワキガに効くと評判
ノアンデ
http://www.whooz.org/