ワキガの遺伝の確率

 

ワキガの遺伝の確率

ワキガは遺伝です。病気のせいでワキガになるのではありません。

 

ワキガは優性遺伝のため、両親のどちらかがワキガ体質の場合は約50%、父親、母親の両方がワキガ体質の場合には、約70%から80%の確率で遺伝するといわれています。祖父母がワキガ体質の場合にも隔世遺伝することがあります。

 

 

子供が親に似るのは、親の持つ遺伝子を受け継ぐからです。例えば、ママが二重、パパが一重の場合、子供は二重になる確率が高いといわれています。これは二重の方が優性遺伝子=子供に現れやすい遺伝子だからなのです。別に、優性遺伝子が優れた遺伝子で、劣性遺伝子が劣った遺伝子という意味ではありません。

 

優性遺伝であるワキガは、子供に受け継がれやすいのです。

 

 

ワキガ体質が遺伝すると、アクポリン腺の量が人より多くなります。これはもって生まれたもので、病気ではないのです。手術でアクポリン腺と除去して、ニオイが改善しても、遺伝自体をなくすことはできません。

 

そして、遺伝したかどうかわかるのは、中学生から高校生(早い子で10歳前後)くらいといわれています。これは、ワキガの原因となるアクポリン腺が第二次性徴期頃から成長し始め、ワキガ臭が出始めるためです。

 

もしも、自身や家族にワキガ体質の人がいる場合には、子供に遺伝していないかをしっかりと見極め、もし、遺伝している場合には、子供さんの悩みに向き合って、適切な対処をしてあげてください。

 

子供でも使える安心のワキガ対策クリーム
>>ノアンデの口コミ