ノアンデは配合成分がすごい

 

ノアンデの配合成分

市販のデオドラント剤では、ワキガのニオイを抑えることができなかった・・・そんな人って結構多いのでは?私もその一人でしたが、ノアンデを使うようになって、ワキガのニオイを抑えることができるようになりました。

 

ワキガの悩みを解消した

デオドランクリーム

特典&返金保証付き

詳細は公式サイト

↓↓↓

http://www.modernbeauty.jp/

 

市販のデオドラント剤と何が違うのでしょう。やはりノアンデは、ワキガケアに必要な成分をしっかりと配合している点が、市販の製品との差を生み出しています。

ノアンデの成分
有効成分
イソプロピルメチルフェノール(シメンー5ーオール)/パラフェノールスルホン酸亜鉛
その他の成分
柿タンニン、プラセンタエキス-1、茶エキス-1、シャクヤクエキス、ヒメフウロエキス、スターフルーツ葉エキス、ヨクイニンエキス、ワレモコウエキス、アロエエキス-1、ローズマリーエキス、マロニエエキス、アルニカエキス、ハマメリスエキス、セイヨウキズタエキス、オトギリソウエキス、ブドウ葉エキス、グリチルリチン酸2K、メントール、クエン酸Na、炭酸水素Na、炭酸Na、エタノール、BG、セリサイト、メチルハイドロジェンポリシロキサン、架橋型シリコーン・網状型シリコーンブロック共重合体、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物、ジメチコン、架橋型ジメチコン、シクロペタシロキサン、PEG-9 ポリジメチルシロキシエチル ジメチコン、塩化Na、フェノキシエタノール

 

 

イソプロピルメチルフェノール(シメンー5ーオール)とパラフェノールスルホン酸亜鉛の2つの成分は、ワキガ臭の発生を抑える2大有効成分です。

 

人気のあるワキガ用のデオドラント剤には、必ずと言っていいくらい配合されています。この2大成分に加えて、天然由来の成分をノアンデ独自の配合をすることによって、ワキガの原因菌の殺菌率100%を実現(2016年5月)

 

 

つい最近まで、殺菌率は99.9999%、これでも相当すごいと思いますが、さらに研究を重ねて、100%までもってくるノアンデってすごいですよね。でも、ワキガ用のデオドラント剤で大事なのは成分だけではありません。

 

汗に強くて、持続力がある

塗った瞬間は、ニオイが消えたって感じる製品は結構あるのですが、肝心なのはそれがのくらい続くかです。ノアンデお特徴は汗に強く、簡単には流れない!実験でも24時間以上効果が持続することが実証されています。

 

保湿力
実は、肌の乾燥はワキガの症状を悪化させてしまう原因の1つです。肌は乾燥すると、自分の肌を守ろうとして、より汗や皮脂を分泌します。これが繰り返されると、ニオイの発生につながります。

 

市販のスプレータイプの制汗剤は、シューっと付けた瞬間ひんやりして、気持ちよく感じますが、汗を抑えるために、肌を乾燥させているのです。使えば使うほど、ニオイを悪化させることになります。

 

ノアンデは、保湿成分を配合することによって、肌の乾燥を防ぎます。しかも、天然由来の成分なので、もともと乾燥肌や敏感肌の人でも安心して使えるようになっています。

 

 

殺菌・保湿・制汗

 

この3つのケアを同時に行うことで、ワキガ臭を抑えてくれます。でも、イソプロピルメチルフェノール(シメンー5ーオール)とパラフェノールスルホン酸亜鉛はあまり聞きなれない成分だけど、大丈夫なの?

 

イソプロピルメチルフェノール(シメンー5ーオール)

イソプロピルメチルフェノール(シメンー5ーオール)には、殺菌・防カビ・防腐剤といった働きのある添加物です。殺菌効果で、ワキガ臭の原因になる菌の増殖を抑え、消臭効果を発揮します。

 

ニキビケア化粧品や薬用ハンドクリーム、ヘアケア用品、水虫の薬などにも配合されている成分で、厚生労働省の指定表示成分となっています。指定表示成分とは、まれにアレルギーなどの肌トラブルを起こす恐れがある成分で、薬機法によって表示を義務付けられています。

 

ただし、アレルギーなどの副作用は、多量に使用した場合であって、少量ならば、さまざまな効果を発揮する有効成分なのです。

 

そのため、配合量は一般的な化粧品では0.1以下、医薬品では0.3以下と決められています。決められた配合量以下のものであれば、身体に害のあるものではありません。むしろ、わきがの消臭に高い効果を発揮する成分なのです。

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛

パラフェノールスルホン酸亜鉛とは、ワキガ用のデオドラント製品に配合されている代表的な有効成分の1つです。

 

収れん作用のある成分で、汗や皮膚に含まれるたんぱく質と反応することによって、血管や組織を凝固させ、汗の分泌を抑えたり、肌を引き締める効果が期待できます。わかりやすくいうと、毛穴や汗腺を固まったたんぱく質で蓋をして、汗の分泌量を抑えるのです。

 

ほかに、毛穴を引き締め、余分な皮脂の分泌を抑える収れん化粧水や殺菌消毒作用があるためニキビ用化粧水などに使われています。

 

ワキガ臭を抑えるためには、殺菌効果のあるイソプロピルメチルフェノールと制汗効果のあるパラフェノールスルホン酸亜鉛の両方の成分が配合された製品を選ぶようにしましょう。

 

優れた消臭成分が配合されていても、汗に弱いと効果が長持ちしません。汗を抑えることは、ニオイの発生を防ぐ上で大事なポイントになります。実際にパラフェノールスルホン酸亜鉛入りのノアンデを使っていると、汗が適度に抑えられます。

 

付けた瞬間に汗が止まるわけではありませんが、継続して使い続けるうちに、成分が徐々に浸透して、余分な汗をかかなくなってきます。ただし、汗が完璧に出なくなることはありません。汗をかくことは人間のカラダにとって必要な機能ですから。あくまでも、余計な汗を減らす作用があるのです。

 

肌への副作用ですが、私自身使い続けても、特に刺激や肌トラブルもなく、ワキガ臭を抑えることができています。この2大有効成分のほかは、天然由来の成分をふんだんに配合することで、肌への優しさも配慮された製品になっています。

 

ノアンデはワキガを徹底的に研究した結果作られた製品だからこその違いを実感しています。

 

 

あと、わずらわしさがない!朝晩2回の使用でOKなので、仕事中や外出先などで、頻繁に塗り直しができない時には本当に助かります。使い始めた頃は、日中の塗り直しをしていましたが、使い続けるうちに、朝塗れば、ほぼ夕方まで持つようになってきました。ニオイを気にしたり、塗り直しのタイミングをうかがってばかりの生活から解放されています。

 

ノアンデ

キャンペーンの詳細はこちら

↓↓↓

http://www.modernbeauty.jp/