ワキガ手術のメリット・デメリット

 

ワキガの手術のメリット・デメリット

 

ワキガは生まれ持った体質で、人よりアクポリン腺の多い人がワキガ臭を発するようになります。それなら、手術でアクポリン腺を取り除けば、ニオイは消えるはず!

 

ところが手術にはメリット・デメリットがあります。実は、手術で100%ワキガのニオイが消えるわけではありません。また、思わぬ症状が出たり、後遺症で悩まされるケースもあります。後悔しないためにも、手術に踏み切る前にそうしたことをよく知っておく必要があります。

 

一口に手術といっても、さまざまな方法があり、「直視下手術法」と「非直視下手術法」の2つに大きく分けることができます。

 

「直視下手術法」とは、医師が自分の目で確認しながら行う手術法で、一方「非直視下手術法」は手術部位を見ないで機械で行う手術法です。

 

直視下手術法で最も一般的な手術法が剪除法(せんじょほう)です。

 

ワキの下を切開して裏返し、アポクリン腺を除去する手術で、本格的なものになります。医師が自分の目で確かめながら、汗腺を切除するので高い効果が期待できますが、3〜5cm程度の傷が残ることから、傷の縫合技術によっては、手術跡の差がでてきます。また、医師の腕によるところも大きく、信頼できる医師を探す必要があります。

 

非直視下手術法にはいくつかの方法があります。
削除法
わきの下を1.5センチほど切開し、その部分からカミソリの刃とローラーを組み合わせた専用器具を挿入して、カミソリ部分でアポクリン腺やエクリン腺を除去する方法です。傷口も小さく、非直視下手術法の中では最も高い効果が得られる手術法といわれています。
ただし、高度な技術が必要とされるために、この手術ができる医師は限られています。

 

吸引法
わきの下を1センチほど切開し、器具を挿入してアポクリン腺を吸い出す手術療法です。

 

マイクロウェーブ法
皮膚を切開せずにマイクロウェーブ(電磁波)をワキの皮膚表面 から照射し、水分に反応して熱を発生させ、汗腺を破壊する治療 方法(ミラドライ)です。
非直視下手術法のメリットは、傷口が小さく済む点ですが、目で確認せずに除去するために、取り残しの可能性が高く、再発の可能性も高くなります。

 

わきが手術のデメリット

  • 高額の費用がかかる
  • 傷跡が残る可能性がある
  • 術後臭がでる可能性がある
  • 医師の技術しだいで結果に差が出る場合がある

 

保険診療について

ワキガの手術には、保険適用と自費診療があります。

 

保険が効く場合の相場は、両脇で約5万円ですが、入院する場合には、約10万円前後といわれています。自費診療の場合は、両脇で約20万円から30万円といわれています。このように、保険が適用されるかどうかで費用は大きく違ってきます。

 

保険の適用は病院によります。クリニックや美容外科の中には、保険が使えないところもあるので、事前に調べましょう。

 

保険が適用される手術方法
手術法によっても、保険が適用されるものとそうでない場合があります。最も一般的な手術法である剪除法(せんじょほう)は保険適用が認められています。
医師の判断
わきがの症状によって医師が保険の適用を認めるかどうか。これは医師の判断次第になるので実際に診察を受けてみないと何とも言えませんが、保険で手術を受けたい場合には、まずは保険を適用してくれる病院を探すことから始まります。

 

わきが手術の入院について
基本的には3日前後の入院が必要と言われています。術後に血種が発生する可能性があり、適切な処置を施さないと皮膚が壊死する恐れがあります。血種とは、皮膚の下に血液が溜まり、腫瘍のように膨らむ症状です。そうでなくても、術後は痛みがあり、安静が必要になるため、入院してケアを受ける方が安心といえます。入院が難しい場合、通院可能な病院なら、相談しだいで日帰りが認められることもありますが、術後の自己管理や通院が必要になります。

 

では、手術を受ければ、完全にニオイはなくなるのでしょうか?

 

残念ながら完全に無臭になることはないそうです。

 

手術前よりもニオイが軽減されるくらいに思っていた方がいいそうです。また、医師の技術次第で結果に差がでる場合もあるので、腕のいい信頼できる医師を探すことが重要になります。

 

傷跡は残るの?
傷跡が残る可能性はあります。ほとんどは時間の経過と共にほぼ目立たない状態になりますが、多少残ってしまう人もいます。

 

このように手術にはさまざまなリスクが伴います。高額な費用をかけて、痛い思いをして、もし完治しなければ、精神的な負担も大きくなります。

 

最近では、優れた効果を発揮するワキガ専用のデオドラント剤があります。手術を考える前に、自分に合う消臭ケアでニオイ解消しましょう。

 

人気のワキガ専用のデオドラント剤
>>ノアンデの詳細はこちら