ワキガの改善に運動は有効?

 

ワキガの改善と運動

運動不足はワキガによくないといわれています。では、なぜ運動にはワキガを軽減する効果が期待できるのでしょうか?

 

運動をしている人はいい汗をかきます。ここでいういい汗とは、成分がほぼ水分の汗です。酸性の汗で雑菌が繁殖しにくいため、たくさん汗をかいてもニオイはほとんど発生しません。

 

逆に慢性的に運動不足の人は、ちょっと動いただけですぐに汗をかき、しかも雑菌が繁殖しやすいアルカリ性の汗をかきます。

 

運動不足に加えて、さらにエアコンの効いた部屋にばかりいると、血行が悪くなりす。こうなると汗腺に酸素が行くわたりにくくなり、乳酸という物質が作られます。
この乳酸は、汗腺の中にアンモニアを分泌させる働きがあるために、臭くなるのです。

 

ワキガ軽減に効果的なのは、有酸素運動です。代表的な有酸素運動にウォーキングがあります。ほかにも、ジョギング、水泳、エアロビ、エアロバイク、ストレッチなどの軽い運動があります。

 

 

 

有酸素運動のポイントは20分以上続けること

 

ダイエットや健康にも効果的なことで知られています。1回10分の運動を1日2回やるより、1回につき20分以上の運動をしましょう。

 

こまめに汗をかき、汗腺の機能を高め、汗の質をよいものに変えていきましょう。運動後はきちんと水分補給をして、シャワーやお風呂で汗を流し、そのあとにデオドラントクリームを塗るとかなりの効果が期待でいるはずです。

 

人気のわきがクリーム
ノアンデの口コミレビューはこちら