通販で購入した白ワインを美味しく飲む

白ワインの選びの基準となるのは料理との相性です

フランス語で「ピノ・グリ」イタリア語では「ピノ・グリージョ」と呼ばれるブドウは、灰色の果皮を持っているブドウです。
「グリ」「グリージョ」は灰色を意味し、果皮が灰色を帯びた薄紅色(またはピンク色)で、醸造すると派手さはないですが穏やかな香りと辛口の味になります。
赤と白の違いはブドウの色だけでなく、製造方法にも見られます。
「赤」は「黒ブドウ」を使い、醸造するときに果汁だけでなく皮や種も一緒に使うので、渋みである「タンニン」を舌の上で強く感じます。
一方で「白」は皮が黄緑なのの「シロブドウ」を使い、皮や種を取り除いて発酵させます。
色は透明に近く黄色や黄緑色になり、渋みはほとんど感じません。
味の表わし方も赤とは違い「辛口」と「甘口」に分けます。
ちなみに赤は「フルボディ」「ミディアムボディ」「ライトボディ」と分類します。
「辛口」はブドウの果実を醸造したとき、糖分をほとんどアルコール分に変化させてしまうので、酸味の強い引き締まった味の糖度の低いワインが多いです。
「甘口」は糖分がなくならないように発酵を途中でストップさせ、甘味をあえて残し色が濃い酸味は穏やかになったまろやかな味のワインになります。
通販などで購入する場合、白ワインの選びの基準となるのは料理との相性です。
相性は「マリアージュ」といい、結婚に例えられます。
一緒に食べる料理によって、香りや味わいは劇的に変わります。

白ブドウから造られるものも味わいも産地によってまったく異なります白ワインの選びの基準となるのは料理との相性です選ぶ時にはソースも加えた全体の味を考慮しましょう